血液の循環

血液の流れで最も大切なのは、太い動脈や静脈ではなく、細い毛細血管です。心臓から出発した動脈が枝分かれして無数の毛細血管となり、体の隅々までいきわたると、再び数本ずつ集まって太くなり、最終的には静脈になって心臓へと戻ってきます。全身の血管のうちの大部分は毛細血管であり、網の目ように走っているこの極細血管は、体内の全ての細胞と直接つながっていて運送便の役割を果たしています。また、太い血管も毛細血管のお世話になっています。血管の壁の外側には毛細血管が張り巡らされ酸素を送り込んでくれます。このように、毛細血管の血液の流れは、太い血管の状態をも左右して、動脈硬化とも深く関わっています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket