高脂血症って何だろう

多くの生活習慣病の中でも、最近もっとも注目されているのは高脂血症です。
高脂血症とは、その名のとうり、血液中の脂質が異常に増えた状態を言います。
脂質は、いろいろな酵素やホルモンなどと一緒に血液中に溶け込んでいます。
といっても脂ですから、そのままでは存在できず、タンパク質の皮をまとったリポタンパク(リポは脂肪のこと)となって血中を移動し、カラだの随所で利用されます。
脂質は大きく分けると、「コレステロール」「リン脂質」「中性脂肪(トリグリセライド)」「遊離脂肪酸」の4つに分類されます。
これらの脂質は、特に女性から目の敵にされがちですが、本来、カラダの維持になくてはならないものなのです。
たとえば、コレステロールとリン脂質は細胞膜や性ホルモン、脂肪の消化・吸収を助ける胆汁酸などの材料となります。
また、中性脂肪と遊離脂肪酸は、主にカラダを動かすエネルギー源としてなくてはならないものです。
この2つが不足すると、カラダの免疫力が落ちたり、病気になったりして、日常生活にさまざまな支障が出てきます。
これらの脂質の過剰が引き起こす高脂血症は、肉食や甘いものの取りすぎ、運動不足、不規則な生活などが原因となって起こり、その患者は全国に1千万人以上いるといわれています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket