血液の成分と働き

人の血液の総量は体重の約8%です。体重60kgの人ならば、およそ4.8Lの血液が全身の血管を駆け巡っています。血液の成分には血球と血漿があります。血球には赤血球、白血球、血小板があり、それぞれの役割を果たします。血漿の約90%は水分ですが残りの10%をタンパク質、脂質、糖質、ミネラルや酵素等が血球の働きを助けています。血漿は血液中の血球や栄養分を滞りなく運び、更に体温調節の機能も果たしています。血液のサラサラ度はそれぞれの血球の状態と血漿の質によって決まります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket