外食ライフ 2

居酒屋に行ってメニューを広げたら、「オサカナスキヤネ」を思い出してください。
「オ」のお茶は最後に飲むとして、「サ」の魚はお刺身でも塩焼きでもOKです。
できればEPAを摂取できるようにイワシやサバを選びましょう。
次に酢の物の盛り合わせを頼めば、「カ」の海藻と「ス」の酢が一緒に取れます。
「ナ」は納豆メニューまたは豆腐で摂りましょう。
「キ」のキノコは「ヤ」の野菜の煮物に入っている、シイタケやシメジでまかないます。
オニオンスライスで最後の「ネ」も無事にクリアです
。こんなふうに考えて何人かでシェアすれば、胃にも財布にもそれほど負担をかけずにすむはずです。
好みによっては、こしょうや唐辛子などの香辛料を加えれば、抗酸化作用とともに血流を良くしてくれる効果もあります。
いままでどおり、コロッケに唐揚げ、天ぷらの盛り合わせにフルーツのデザートを続けていたら、いつまで立っても血液はサラサラになりません。
脂っこい酒のサカナに、ついついビールの量が多くなって飲みすぎればなおさらです。
しかし、外食で「オサカナスキヤネ」が実行できますから、和風居酒屋はまだいいのです。
どうしても「オサカナスキヤネ」が実行できないのは、若い女性に人気のあるイタ飯屋と、学生の溜まり場であるファーストフード店でしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket