ドロドロ血液 3

「MC-FAN]のモニター観察で「血液の流れがとまる」といっても、これは擬似毛細血管による実験での現象です。実際に体内で同じことが起きていたら、大変なことになってしまいます。こうした人に検査日までの生活について聞いてみると、「昨晩遅くまでおきていて寝不足です」「忙しくてここ1週間ほど残業が続いていました」「検査だと分かっていたが、友人と会ってつい飲みに行ってしまった」など、食事や飲酒、過労、ストレスなどが大きく影響していることがわかりました。さらに多くのデータを分析するうちに、いろいろなことが分かってきました。「MC-FAN」による検査を受けてドロドロ血液と判定されたものにも、前日の飲酒や寝不足による一過性のドロドロと、脂肪肝や糖尿病といった病気によるドロドロとがあるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket