たまねぎで血液がさらさらになる!?

たまねぎは、色々な食材にあいます。そしてたくさんの調理方法でおいしく食べることが出来ます。
さらに栄養面でも、血液をサラサラにする効果があるのですがご存知でしたでしょうか?

食生活が不規則だったり、運動不足によって、体の中の血管にコレステロールが付着し、血液の流れが悪くなります。
この状態が長く続いてしまうと、血管が詰まってしまいますし、脳梗塞や心筋梗塞などの病気になりやすくなるといわれています。
これから、このような病気を予防するときに有効な働きをする、たまねぎの成分や栄養を中心にご紹介していきたいと思います。

「アリシン」とはなんでしょう?
それは、たまねぎに含まれている成分で、血液をサラサラにし、血液の流れをスムーズにするものです。それだけでなく病気の原因になる悪玉コレステロールを減らし、余分なコレステロールを処理する善玉コレステロールを増やす働きがあり、それにより、動脈硬化などを防ぐ効果があります。

たまねぎを切った時に涙が出るのは何故でしょう?
それは、たまねぎを切ったときに 硫化アリルという成分が作用するからなのです。
この硫化アリルは血栓ができるのを予防してくれるとともに、不必要な悪玉コレステロールの代謝を促す働きもあるのです。

まだある「たまねぎの誇るべき成分」は?
たまねぎにはアリシンや硫化アリルのほかにも、血液をさらさらにする成分が含まれています。
そのうちのひとつは、ポリフェノールの一種である「ケルセチン」という成分です。
このケルセチンは、体に悪影響を及ぼす活性酸素を取り除く「抗酸化作用」があり、血管を丈夫に保つ働きがあることもわかっています。
また、さまざまな食材の中でも、たまねぎに含まれているケルセチンの量は非常に高くて、野菜の中でもトップクラスの含有量を誇っているといわれています。
さらに、学級研究により、たまねぎに血液をサラサラにする効果があることが証明されています。
たとえば、食事から糖分を摂取すると、血管を保護して、血液をサラサラにする血管内皮機能が一時的に低下することがわかっていますが、たまねぎに含まれているケルセチンを含んだ濃縮の玉ネギエキスを継続的に摂取すると血管内皮機能が食後に低下するのを防げるのだそうです。

このように、たまねぎには血管を守り、血管の機能を保持し、血液をさらさらにするための成分がたくさん含まれていることが分かります。

みなさんも、たまねぎを食べましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket