食生活の改善で血液をサラサラにする 2

どうして血液はドロドロになってしまうのでしょうか。
赤血球や白血球がうまく変形できなくなったり、血小板が凝集しやすくなったりするのは、ストレスや喫煙、急激な運動による脱水、偏食、細菌の侵入、糖尿病などが原因として上げられます。
また、血漿中のコレステロールや中性脂肪が増える原因の多くは、脂っこい食べ物や甘いお菓子などのとりすぎです。
こうした食生活が慢性化すると、肝臓に脂肪がたまる脂肪肝などの病気や、酸化したコレステロールが血管をボロボロにする動脈硬化などを引き起こします。では、ドロドロ血液はどうしたら改善できるのでしょうか。
万病の元であるドロドロ血液は、意外に早く改善できます。ズバリ、その方法は「オサカノスキヤネ食」で、次のような食品を積極的にとることによって、血流は見る見る改善されます。その期間は2週間で十分です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket