血圧とカラダの関係 5

「こんな症状があれば高血圧症かもしれません」
高血圧はサイレントキラー(静かなる殺人者)と呼ばれるほど、自覚症状がありません。

定期的に健康診断を受けて血圧を測ることにより、自分の血圧を知っていればよいのですが、あまり血圧を測る機会がない人は、自分が高血圧であることに気づきません。
そのまま放置すると、重い病気にかかることも少なくありません。
最低でも年1回は健康診断を受け、自分の血圧に注意を払いましょう。
また、季節ごとに血圧を測定し、その変動幅を知っておくと、イザというときにあわてないですみます。
頭痛や頭重感は、カゼや寝不足、二日酔いといったときにも起こりますが、高血圧でも起こります。

高血圧の場合は、後頭部が痛むことが多く、吐き気をおぼえる事もあります。
高血圧でこれらの症状が出ると大変危険です。すぐに病院へ行きましょう。

めまいにはさまざまな原因がありますが、高血圧の症状のひとつでもあります。
特に、グルグル回るようなめまいは大変危険で、脳卒中の前触れとも考えられます。
そんなときは、急いで救急車を呼びましょう。
動悸や息切れといった症状は、心臓、肺、血管などに異常があるときに起こります。
高血圧の場合は、心臓の肥大により、心臓を養うための血液が不足したときなどに起こります。
こうした状態を放置しておくと、心不全などに移行する可能性が高く、大変危険なので、ぜひ検査を受けましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket