血圧とカラダの関係

血圧とカラダの深い関係についてです。
「血圧」とは、私たちの心臓から出た血液が血管に加える圧力のことですが、その正体は意外に知られていません。
よく話題になる「高血圧」や「低血圧」は、あなたの血液や血管の状態だけではなく、睡眠や栄養、ストレスやお酒の量など、日々の生活習慣と密接に結びついているのです。
血圧とは何でしょうか。
血圧は、その名のとおり血液が流れるときに、血管壁に加わる圧力のことです。
心臓がギュッと収縮すると、血液は左右の心室から肺動脈と大動脈に同時に押し出され、血管を勢いよく押し広げます。
このとき血管に強い圧力が加わりますが、これを「収縮期血圧」または「最高血圧」と言います。
一方、心臓が拡張すると、血液は左右の心房へ吸い込まれるように入り込みます。
このとき血管に加わる圧力は下がりますが、これを「拡張期血圧」あるいは「最低血圧」と呼びます。よく「上の血圧」「下の血圧」と言いますが、これはそれぞれ、収縮期血圧(最高血圧)、拡張期血圧(最低血圧)の事を指しています。
血圧はmmHg(ミリメートル水銀柱)という単位で表されます。これは、水銀を何ミリメートル押し上げる力があるかという意味です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket