交感神経と副交感神経

心臓や呼吸器官、消化器官などの内臓や血管、汗腺などは私たちの意志とは無関係に働く自律神経によってコントロールされています。
自律神経には、交感神経と副交感神経があり、この2つはそれぞれ相反する働きをします。
交感神経は、内臓や血管などの働きを活発にします。車でいえばアクセルのような働きをします。
これに対して副交感神経はブレーキのようなもので、内臓などの働きを抑制します。
このアクセルとブレーキ、どちらが強く働くかによって、私たちのカラダはコントロールされているわけです。
また、交感神経は通常、私たちが起きている時に強く働き、副交感神経は寝ているときに強く働きます。
そこで、寝ている時には副交感神経が働いて血圧が下がり、起きているときには交感神経が働いて、血圧が上昇するというわけです。
次回は正しい血圧の測り方についてです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket