タバコと血圧

タバコに含まれるニコチンや一酸化炭素は血管を収縮します。
そうなると、心臓に負担がかかり、血圧が上昇します。
そのうえ、ニコチンは血小板を血管壁に付着させ、動脈硬化を起こす原因にもなります。
一般に、タバコを1本吸うと最高血圧が10~20mmHg上がり、心拍数も上昇します。
1日にたくさんタバコを吸う人は血圧の高い状態が連続することになり、慢性化して高血圧症へと移行します。
心臓に障害のある人や動脈硬化のある人は、1日も早く禁煙したほうが健康のためです。
最近は、病院で禁煙指導をしてくれるところもあり、ニコチン中毒者にはニコチンを含んだガムを処方してくれるなど、さまざまな禁煙の方法を伝授してくれます。
タバコを吸っている本人だけでなく、副流煙によってまわりの人の健康を害すことにもなります。ぜひ禁煙にトライしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket