女性の更年期障害 4

また、たとえば女性の脚に多く発生する静脈瘤(静脈が部分的に拡張してしまう病気)も、血液の流れが滞った状態が続いたために起こるものです。
見た目も痛々しく、触れると痛みを感じる場合もあります。
イソフラボンは、この静脈瘤にも効果があります。
次に男の更年期撃退法についてです。
最近、男性の更年期がにわかに注目されています。
50歳前後に多く見られるさまざまな不快な症状も、じつは更年期のせいかもしれません。
それならば、男性もそれを乗り越えるべく、対策をたてなければいけないはずです。
「更年期」とか「更年期障害」というのは、長いあいだ女性だけのものと思われてきました。
女性は50歳前後で閉経を迎えるため、更年期という状況がはっきりしているのです。
しかし、同じ人間ですから、男性にも「からだの変わり目」のようなものがあり、その前後にはいろいろな症状が出てくるのではないでしょうか。
これが最近注目されている「男性にも更年期」説です。
未病のところでも紹介した,中医学の古い医学書である「黄帝内経」では、人間の発育から成長、成熟、老化、そして老衰に至るまでのプロセスについて、男性は8の倍数でゆっくりと変化していく、と説いています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket