女性の更年期障害 3

イソフラボンは、植物の抗酸化物質ポリフェノールの一種ですが、「植物性エストロゲン」とも言われるように、体内にはいると女性ホルモンであるエストロゲンに似たはたらきをすることで知られています。
そして、このサプリメントを摂取することで、更年期障害などエストロゲンの低下が原因で起きる症状の改善に効果が認められています。
ところで、大豆イソフラボンを主成分にした健康食品やサプリメントは数え切れないほど販売されてますが、そのなかに2種類のタイプのイソフラボンがあるのをご存知でしょうか。
それらは「グリコシド型」と「アグリコン型」といって、分子の大きさによって区別されています。
「グリコシド型(配糖体)」は、分子量が大きいために胃腸で吸収されにくく、腸内細菌によって分解されてはじめて吸収されるのですが、「アグリコン型」は、糖を切り離したもので、分子量が小さくて胃でも効率よく吸収されるのです。
吸収率のよさを考えたら、だんぜん「アグリコン型」のほうが優位だといえるでしょう。
商品を選ぶときの参考にしてください。
イソフラボンは、更年期障害の症状が出ていないという女性にもお勧めです。
骨粗しょう症などの予防だけでなく、女性ホルモンの減少にともなう肌のくすみやシミ、ソバカスなどの美容上のトラブル改善にも効果があるからです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket