女性の更年期障害 2

また、中医学でも、更年期の女性の血液は瘀血の状態だとされています。
更年期障害の症状を自覚しているのであれば、婦人科を受診して子宮筋腫や子宮がん、卵巣のう腫、そして乳がんなどの検査をした上で、異常がなければサプリメントやアロマテラピーなどをおおいに活用することを勧めたいと思います。
とくに、血液サラサラ食品のひとつである「イソフラボン」は、更年期の女性にぜひ勧めたいものなので、ここで改めて説明しましょう。
大豆イソフラボンの血流改善効果を調べるさいに、この成分が和食に多用されてきた大豆に多く含まれていることに興味を持ちました。
というのは、一般的に日本人は、欧米人に比べて更年期の症状が軽く、乳がんや男性の前立腺がんの死亡率も低いのです。
さらに、先進国のなかではカルシウムの摂取量が最も少ないのに、骨折率は少ないのです。
そして、これは日本人が昔から大豆食品を日常的に食べているからと言われています。
私たちは、無意識のうちに味噌汁や豆腐、煮豆などからイソフラボンを十分に摂取していたということになります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket