女性の更年期障害

加齢とともに、このエストロゲンという女性ホルモンの量が減少し、ホルモンのアンバランスが生じることで更年期障害の症状が起きるのですが、個人差が大きく、更年期の時期や長さ、症状の程度はほんとうに千差万別です。
のぼせの症状がひどくて困るという人もいれば、冷えに悩んでいる人もいます。
のぼせと冷えが交互にきてつらいというケースも少なくありません。
ホットフラッシュといって、急に大量の汗をかくこともあります。
骨粗しょう症も、エストロゲンの低下によるものです。
動悸や息切れ、めまい、耳鳴りなどの症状もありますが、もうひとつ特徴的なのは、わけもなく気分がふさいでウツの状態に陥ることが少なくないことです。
これもエストロゲンの減少によるものですが、はた目には本人のつらさが見えないことや、まったく不調を感じない人もいるという事情で、ひとりで悩んでしまうケースもあります。
こうした更年期の女性の血液についても、MC-FANで調べてみたところ、何らかの症状を訴えていた人は、やはり血液が滞って流れが悪い状態でした。どうやら、動悸や息切れ、体温調整の狂いなど、更年期特有の未病のような症状は、ドロドロ血液のせいだったようなのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket