血液サラサラ食品 7

つぎに、イチョウの葉です。
イチョウの葉から抽出されるイチョウ葉エキスは、ヨーロッパでは血流の改善や痴呆症治療の医薬品として知られ、最近日本でも、人気のサプリメントとして話題にのぼるようになりました。
植物色素成分のフラボノイドが活性酸素の発生を抑えて、毛細血管にダメージが及ぶのを予防します。
また、イチョウ葉エキス特有のギンコライドが凝集を抑えて、血液の流れをよくします。
特徴は、血小板の凝集を抑えるほか、活性酸素を抑制して毛細血管を保護します。
摂取法は、サプリメントからです。
次はビールです。お酒好きの人にはうれしいことに、少量のアルコールは血流をよくすることが実証済みです。
赤ワインや日本酒なども多く飲まなければ効果はあるのですが、血流改善という観点からいえば、ビールがもっとも効果的でした。
他の種類と比較して、赤血球の変形能が最もよくなったのです。
なお、「少量」とは1日ビール大瓶1本までです。特徴は、赤血球の変形能を高めることです。
摂取法は、そのまま飲むのはもちろん、ビール煮などの料理に使用する方法もあります。次は、お茶です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket