血液サラサラ食品 4

最近、血液サラサラ食品トップ2である黒酢と梅肉エキスを組み合わせた健康補助食品が販売されるようになりました。
これは黒酢と梅肉エキスに加えて、抗酸化作用のあるビタミンCやビタミンEなどを配合したもので、持ち歩きにも便利なカプセル状になっており、忙しい人も愛用している食品です。
梅肉エキスの特徴は、血小板の凝集を防ぐ。即効性があるなど。接種法は、薬局などで入手できる。
家庭で作る場合は、酸性が強いため金属の鍋やスプーンなどは使用しないこと。
そのまま飲む(ドロッとしているのでなめる)か、水やお湯で好みに薄めて飲むなどです。
次は黒豆。豆類にもいろいろな種類がありますが、血液サラサラ食品のナンバー3にランクアップされたのは黒豆。黒豆は大豆の一種であり、良質のタンパク質やビタミンB群、ビタミンE、イソフラボン、リノール酸、レチシンなど、高血圧や動脈硬化、腎臓や肝臓の強化などに多くの効用があります。
黒豆には、血小板の凝集を促進するアラキドン酸をブロックする物質が含まれているのではないかと考えられています。
できてしまった血栓を溶かす「ナットウキナーゼ」とは異なり、血液を固まりにくくして血栓ができるのを予防する効果があるということです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket