血液サラサラ食品 2

血液サラサラ作用は大きくふたつに分けられます。
つまり、「血液そのものをサラサラにするもの」と「活性酸素を消去するもの」です。
これらの血液サラサラ食品を、基本の「オサカナスキヤネ」食に組み合わせてじょうずに取り入れてください。

ここでひとつ注意をします。
ときどき、MC-FAN検査の前に「先生、血液がサラサラになるように水を大量に飲んできました」という患者さんがいます。
確かに水分の摂取は大切です。
とくにお酒を飲んだ後や、運動時には水分補給が必要なのですが、水をたくさん飲んだからといって血液成分が薄まってサラサラするわけではないので、無駄な努力はしないようにしましょう。
「オサカナスキヤネ」食にも登場している酢には、いろいろな種類があります。
一般家庭のキッチンで料理に使われるのは「米酢」でしょう。
米に麹と酵母を加えて発酵させてつくりますが、原料が米100㌫のものは「純米酢」といいます。ゆずやすだちなどの柑橘類の果汁を原料としているのが「ポン酢」。
香りがよく、鍋物などによく合います。
フランス料理やピクルスなどに使われるのが「ワインビネガー」。文字通りブドウの果汁やワインを原料としていて、ワインと同じように赤と白があります。
イタリアで作られた高級ワインビネガーは「バルサミコ酢」と呼ばれます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket