サラサラ血液にする食事 3

「ヤ」は野菜。各種ビタミンやミネラル、食物繊維などを摂取するために、いろいろな種類の野菜をとりましょう。
とくに、ビタミンCには抗酸化作用があります。

「ネ」はネギ類。長ネギのほかタマネギ、ニンニクも含みます。
特有のツンとくる刺激臭のもとであるアリシンには、消化の促進や殺菌作用などいろいろな働きがありますが、他にも血小板の凝集をおさえ、血栓を予防することも分かっています。
また、カロチンは体内でビタミンAに変わり、活性酸素を抑制します。
タマネギには血糖値を下げる作用、ニンニクには赤血球の変形能を高める作用があります。
こうして並べてみると、とくに珍しい食べ物はなにもありませんが、箸で食べるものが多いことに気が付きます。
つまり、オーソドックスな和食のメニューがいいということです。
MC-FAN検査によって、血液をサラサラにする食品や栄養素が明らかになりました。
これらについては現在も検証中ですが、もっとも新しいベスト10を紹介しましょう。
ただし、1品目だけをひたすら摂取すれば血液はサラサラになるというのは誤解です。
「からだにいい食べ物」とか「〇〇はからだに悪い」などといって、さまざまな食品やそこに含まれるビタミンやミネラルなどがマスコミで取り上げられてきました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket