食生活 3

反対に「自分の食生活でよくないと思うこと」のベスト3は、「朝食を食べない」「夕食の時間が遅い」「外食が多い」でした。
このほかの回答例としては、「野菜不足」「味付けが濃すぎる」「洋食に偏りがち」「飲みすぎ」「インスタント食品やファーストフード、コンビニ食が多い」「間食やデザートが多い」「野菜を全く食べない日がある」「生野菜(サラダ)が多い」など。食事を作る立場の主婦も「同じメニュー、同じ食材に偏る」(41歳・女性・専業主婦)と、きちんと問題意識を持っていることが分かります。
さらに、「毎日同じものを食べているかも」(21歳・男性・大学生)「麺類にかたよりがち」(29歳・男性・経理)、「好きなものしか食べない」(35歳・男性・設計)と食生活のかたよりを自覚する声もありました。
予想どおりというか、やはり問題だなと思ったのは、「朝食をとらない」人が多かったこと。
朝ごはんを「食べない日が多い」と「全く食べない」を併せると38名と、3割を超えました。
数人ですが、専業主婦でも朝食を「全く食べない」人がいましたが、独身時代からの習慣でしょうか。
一人暮らしの大学生も、朝は食べないことが多いようです。
朝ごはん抜きで昼食を食べると、空腹の状態で食べることになり、糖分の吸収がよくなりすぎるのです。
同じ理由で、空腹時に間食するのも、中世脂肪過多になりやすい要因です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket