食生活

ここからは、しばらく食生活の話をしましょう。
手始めに、現代人は毎日どんな食事をしているのか、何を基準に食べるものを選んでいるのか、そして自分の食生活についてどんな意識を持っているのかを改めて考えてみたいと思います。現代人はいったい何を食べているのか?

「食生活が悪くなっている」といわれますが、なにがどう悪いのかを知らない人が多いのです。
そこで、毎日の食生活についての実態アンケート調査を実施してみました。
現代人の血液ドロドロ食の実態と「分かっちゃいるけど直せない」事情が反映されています。
アンケートに回答してくれたのは、東京都内と近郊に住むサラリーマンとOL,主婦、バイト学生たち計100名。
年齢は19~65歳と幅が広いのですが、,平均すると39歳。職業は食品メーカーやマスコミ、運送会社、公務員などさまざまです。
ふだんの一日の食事の回数と時間、食べたものなどを書いてもらい、さらに「食生活で心がけていること」「自分の食生活でよくないと思うこと」も3つまで答えてもらいました。
まず、「自分の毎日の食生活について気をつけていると思うか」という質問には、4つの回答から選んでもらいましたが、「かなり気をつけている」が17名、「少し気をつけている」が64名と、大半の回答者がある程度の注意を払っていることが分かります。
「ほとんど気を使ってない」のは16名、「全く関心がない」は3名だけでした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket