ドロドロ血液からサラサラ血液へ

若い女性を中心に、食生活が糖質や脂質ばかりに偏っていて、ビタミンやミネラルが不足しているケースが増えています。
最近、特に重大な問題だと感じているのが、野菜ジュースを飲んでいれば野菜を食べたのと同じと思っていたり、果物は太らないと誤解しているケースです。果糖というのは腸から非常に速く吸収されることが分かっています。
炭水化物にも種類があって、でんぷんは「多糖類」ですが、果糖は「単糖類」といって、性質が異なります。
果糖の過剰摂取は高血糖や高脂血症につながりますから、血小板がベタベタしてくっつきやすくなります。
脂肪肝になれば、血小板の凝集性はさらに高まります。
皮膚の細胞も髪の毛の組織も、血液の流れによって新しく生まれ変わっています。

当たり前のことなのですが、女性にその話をすると、ほとんどの型が「意外だわ」という顔をされます。
シミやそばかす、くすみ、髪の毛のパサつきや枝毛、切れ毛など、女性にとって大問題であるこれらのトラブルも、全てドロドロ血液が原因といっていいでしょう。中医学でも、肌や髪のダメージは瘀血によるものとされ、顔色やくすみは診断に用いるほど重要なものです。

バランスのいい食事、質のいい睡眠、適度な運動によっていい血液がつくられ、新陳代謝を促します。美容の観点から言っても、血液のサラサラ度は大切なのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket