ドロドロ血液 4

このような検査の数値に表れないような未病の発見に、MC-FANによる血液サラサラ検査が役立つと思っています。
なぜなら、さまざまなからだの不調を抱えながらも、検査では「正常」とされてきた人の多くが、MC-FAN検査ではドロドロ血液という結果になっているからです。
とくに、生活習慣病の代名詞ともいえる高血圧と糖尿病については、ぜひ「未病」の段階でキャッチして、それ以上症状が進行しないように生活改善をしてほしいものです。
偏った食事やストレス、飲酒、タバコなどの悪い要因が重なれば、あっという間に血液のドロドロ化が促進されます。
西洋医学の世界でも、「セルフメディケーション(自己治療、つまり個人の責任における健康管理)」が提唱されるようになりました。
病気になってから病院で治療して治してもらう、という受身の医療から、自分で自分の体をケアしていくという、まさに「未病をキャッチして治す」新しい医療スタイルなのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket