ドロドロ血液 2

中医学の「治療医学」に対して「養生医学」は病気にならないための医学です。
健康な人から半健康人までを対象に、食事指導やストレス対策、運動といった生活のなかでの予防法を教え、その人の自然治癒力を高めていくものです。
長い歴史を持つ中医学においては、「養生医学」のほうが中心であり、病気の前段階である半健康状態を「未病」というのです。
中国の漢の時代に編纂されたといわれる、中国最古の医学書である「「黄帝内経」にも「早期発見、早期治療が大切」「病気にならない方法を体得する」という記述があり、「未病」という言葉が使われています。これに対して、従来の西洋医学は、発病して症状が出たときにその症状を抑えるという「対症療法」が中心でした。
しかし、全く健康な人が、ある日突然病気になるわけではありません。病気と健康との間には、病気の前段階の症状がいろいろあったはずです。たとえば「だるい」「疲れやすい」「肩がこる」「胃がもたれる」「冷え性がつらい」などの症状は、まさしく「未病」の状態だといえるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket