ドロドロ血液

ドロドロ血液で「未病」をキャッチする。4000年以上の歴史に裏付けされた中国医学と、最新のMC-FANの技術が融合すれば、病気の前段階である「未病」を発見することも可能です。
日本では今この「未病」におかされている人が、急激に増えているのです。MC-FANをつかった血液診断の研究と並行して強い関心を持っているのが、中医学の「未病」という考え方です。
なぜかというと、ドロドロ血液が原因で起きるさまざまな症状が、まさにこの「未病」の症状そのものだからです。
東洋医学が中国古来の漢方療法を中心としたものを指す呼び方であるのに対して、中医学は古くからの考え方に論理性を持たせながら、さらに発展しようという学問です。
さらに中医学と西洋医学とが協力し合って、「中西結合医学」という新しい医学が生まれつつあるのです。
「未病」は、中医学の根本理念のひとつで、最近では西洋医学の医師も関心を持っている考え方です。まず中医学について、少し説明しましょう。中医学は「治療医学」と「養生医学」との二重構造から成り立っていてます。
「治療医学」は病気になってからの医学を指します。病院で鍼灸や漢方薬などによる治療ですでに病気になった人を治すもので、西洋医学はこれに近いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket