本当に怖いドロドロ血液…詳しく知って早めの対策を

日本人の死亡原因の御三家とは?
日本人の死亡原因については、1位が「悪性新生物」、いわゆるガン、2位が「狭心症・心筋梗塞」、3位が「脳血栓・脳梗塞」と言われています。この3つを指して「死亡原因の御三家」などと呼ぶこともあるようです。このうち、2位と3位である「狭心症・心筋梗塞」や「脳血栓・脳梗塞」は、動脈硬化が引き金となって起こることが知られています。高血糖や高血圧、脂質異常症はそれぞれ単独でも重大な病気になるリスクを高める要因となっていますが、それらが重複すると相乗的に心筋梗塞や脳梗塞といった“動脈硬化性疾患”の発生頻度が高まるといわれているので、とくに注意が必要になります。

ドロドロ血液が引き起こす脂質異常症
食生活の乱れや運動不足、喫煙習慣といった長年の生活習慣は、高血圧症や糖尿病、脂質異常症などといった、生活習慣病の発症原因に深く関与していると考えられています。生活習慣病は自覚症状が少ないものが多いとされていますが、なかでも自覚症状が出にくく、気づかないうちに進行していることが多いといわれるのが“脂質異常症” です。脂質異常症は、血液中のコレステロールや中性脂肪といった“脂質”のバランスが崩れた状態を指します。水である血液中に、油があふれているイメージから、TVの情報番組やネットニュースなどでは「ドロドロ血液」といった表現を使ったりすることも多く見受けられます。

悪玉&善玉コレステロールとは
血中の脂質のうち、中性脂肪はエネルギーとなって、コレステロールは細胞膜や神経・ホルモンや胆汁などの原料として、それぞれ生命維持に重要な役割を果たします。血液中のコレステロールには、主にLDLに付いたコレステロールとHDLに付いたコレステロールという2種類があり、LDLは肝臓からコレステロールを全身の細胞に運ぶ役目を、HDLは体の隅々の血管壁から余分なコレステロールを回収して肝臓に運ぶ役目をもっています。しかし、LDLコレステロールが基準値を上回ったり、HDLコレステロールが基準値を下回ったりする状態、いわゆる脂質異常症になってしまうと、血管内に徐々にコレステロールが蓄積されて、血管壁の肥厚化を引き起こしてしまいます。その結果、血管の柔軟性が低下して動脈硬化を起こしたり、血管の内側が狭く、詰まりやすくなって、血栓を引き起こしたりするとされています。メディアなどで一般的にLDLコレステロールが“悪玉コレステロール”、HDLコレステロールが“善玉コレステロール”と呼ばれるのは、こうした作用があるためです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket