動脈硬化のリスクと改善方法

最近、日本は少子高齢化に伴って超長寿大国として有名になりつつあります。しかし、一方でガン患者の増加や生活習慣病など健康で問題視されています。今回は、その中で動脈硬化の概要と病気対策について詳しくお話します。

そもそも動脈硬化とそれに伴う病気のリスク
体のすみずみまで酸素や栄養素を運ぶ重要な役割を果たしているのが動脈です。動脈硬化は、血液の流れが滞り、様々な病気の原因となっています。考えられる原因として油物や糖分の高いスイーツなどの間食、アルコールなどの摂取のしすぎによるコレステロール値の上昇や運動不足などが挙げられます。主にそういった生活習慣による高血圧や、糖尿病、喫煙などがあります。

動脈硬化のリスク
動脈硬化により血管が詰まることで病気の起こるリスクが一気に高まります。代表的な病気だと心筋梗塞や脳卒中、脳梗塞、大動脈瘤など死や後遺症が残るリスクの高い病気ばかりです。

動脈硬化を改善するには?
動脈硬化は症状によっては、完治する可能性が薄いので少しでも症状を改善することが大切になります。投薬やサプリメントなどの方法もありますが、一番肝心なのが生活習慣の改善です。食生活では、天ぷらなどの油物、アルコールは極力控えて、食物繊維や良質な油が取ることのできる魚、野菜を中心とし、外食の回数を減らすことが大切です。又、運動不足の方は、まず有酸素運動のジョギングから始めて、ヨガやマラソンなどもオススメです。
もし、サプリメントを使用する場合は、DHAや葉酸、オメガ3脂肪酸などを含むサプリメントに加えて、植物性のタンパク質を多く含んでいるプロテインなど摂ることが大切になります。タンパク質を摂る理由は、体作りの元となっており単体でサプリメントを飲んでも、効果が期待できないためです。
また、普段の仕事や人間関係などによるストレスも悪化の大きな原因となります。ストレスにより暴飲暴食などの動脈硬化を進行させる要因となりえるからです。ですので適度に自分なりのストレス解消法で趣味に没頭したり、旅行したりなどストレスの原因となっている時間や場所から離れることが大切です。

動脈硬化は死の危険のある病気のリスクとなり得るので、その前に改善、対策していくことが大切になります。生活習慣の改善により、動脈硬化以外にもほとんどの病気などの根本的な予防に繋がるので、自分の悪い習慣を見直していくことが必要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket