ダイエット 3

20代、30代できちんと栄養を摂って血液をサラサラにしておかないと、更年期の症状が早くきてしまうことさえあるのです。
女性の皆さんにぜひ心がけてほしいことは、とにかく食生活について感心をもち、栄養素について正しい知識を身につけることです。
知識がなければ、なにをどれくらい食べるべきか、自分で正しく判断できないからです。
たとえば、誤解しているのは、「野菜ジュースはヘルシー」だけではありません。
マーガリンはバターよりいいと信じられていることも、そのひとつでしょう。
ダイエット・ブームの初期のころに「バターは太る。やせたいならマーガリン」というマーガリン信仰が生まれ、それがすっかり定着してしまったのです。
ところが、マーガリンに含まれるリノール酸は、コレステロール値をさげるはたらきを持ってはいるのですが、同時に酸化しやすい性質があり、すでにお話した活性酸素が問題になるのです。
血液の流れだけを考えるのならば、「マーガリンよりバター」かもしれません。
また、太ることを恐れるあまり、極端な食事制限によってタンパク質や脂質が不足することも心配です。
丈夫な赤血球をつくる材料であるタンパク質や、その膜をしなやかに保つEPAなどを積極的に食事に取り入れないと、血液サラサラ美人にはなれないのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket