適度な運動 4

また、運動して汗をかくとからだから水分が失われて血液がドロドロになりやすいので注意してください。
運動中は、こまめに水分補給をすることを忘れないようにしましょう。
昔はどんなスポーツでも「トレーニング中は水分をとってはいけない」などといわれ、大汗をかいて特訓を受けながらも水分補給をしないという、間違った常識がまかり通っていたのですが、今はそんなことをいう指導者はいません。
運動をして汗をかき、血液中の水分が減少して細胞成分の比率が高くなってしまうと、血液はドロドロになって流れが滞ります。
そうなると、からだのすみずみの筋肉組織に酸素や栄養分を供給するという、血液の大切な仕事も滞ってしまい、運動能力にも影響するはずです。
血液をきれいにするエクササイズは「ウォーキング」「水中ウォーキング」「エアロビクス」「血液サラサラ体操」。
どれも無理なくできて、血液に新鮮な酸素を送る有酸素運動です。
この4種類のエクササイズで、あなたの血液は気持ちよくサラサラと流れます。
適度にからだを動かすことが、サラサラ血液にとって必要だということはわかりました。
今度は、具体的になにをどれくらい実行したらいいのかについてお話しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket